英語論文検索.com
英語で論文やエッセイなど英文を書かなければならない研究者、留学生などの方向けに役立つ情報を紹介しています
英語論文の作成手順
書きなれた方はともかく、はじめて論文を書く人、特に英語で論文を書く場合、どのようにしたらいいのでしょうか?

このサイトに英語論文の作成手順について詳しく書かれていますのでご紹介します。私自身も論文作成の経験はありますので、その際の体験も交えて説明していきます。

手順は次のとおりです。

STEP 1. CHOOSE A TOPIC トピックを選ぶ

あなたが論文のテーマにしたいトピックは、あなたの関心にそったものにすればいいですし、その関心への熱意が論文の質を決定づけます。

留意点は漠然としたトピックは避けることです。トピックがカバーする範囲を絞ってみましょう。例えば、宗教をトピックとしたいときは、そのような漠然としたものではなく、「世界の」宗教としてみるとか、「仏教」に絞り込んでみることです。

あまりにも専門的すぎたり、技術的すぎるトピックも避けましょう。また、情報元が限られすぎているのも避けるべきトピックと言えます。

STEP 2. FIND INFORMATION 情報を見つける

インターネットや図書館でトピックに関する情報元を探します。

論文を作成するときには、新聞雑誌記事ではなく、論文や学術雑誌からの引用が中心になりますので、これらが豊富にあるかどうかもよくチェックしましょう。

最初は新聞や雑誌記事のほうが読みやすく、とっつきやすいのでそちらから読んだほうが頭に入りやすいです。気になるキーワードはどんどんメモし、論文検索の際に活用できるようにしておきましょう。

キーワードはトピックだけでなく、著者名もあわせてメモをしておきましょう。

英語論文検索サイトQuestiaは、新聞記事なのか、アカデミックジャーナルなのか、本なのか、検索の際にその量がでますので、論文のテーマを決めるときに、引用できる記事数がどれくらいあるか一目でわかるので重宝します。

STEP 3. STATE YOUR THESIS テーマを固める

集めたトピックや情報をもとにテーマを決めます。参考文献が豊富にあるかどうかを考慮に入れましょう。引用や参考にできる論文が少ないと、論文作成に苦労します。

STEP 4. MAKE A TENTATIVE OUTLINE 仮のアウトラインを作る

一般的に、論文の構成は次のようになります。

1 Introduction イントロダクション

研究目的と、どのように研究テーマについて説明するかをここで述べます。読者がこの論文をよむべき理由についても述べておきましょう。

2 Body 本体

ここでテーマについて、具体的な調査結果を述べていきます。

3 Conclusion 結論

結論を要約し、どうしてそのような結論にいたったかを説明します。

STEP 5. ORGANIZE YOUR NOTES ノートを整理する。

アウトラインにそって、あなたの集めた情報を整理し、あてはめていきます。
データ分析結果でもいいですし、参考文献から得られた知見などを盛り込んでいきます。

参考文献を引用する場合には、どこから引用したかということを明確にします。盗用や剽窃は厳禁です。
時には、あなたの議論に反論しているような文献を引用し、論文上でそれに反論するという議論を展開してもいいでしょう。

テーマとは関係ない話題は盛り込まないようにします。

STEP 6. WRITE YOUR FIRST DRAFT 最初の原稿を作る

整理したノートをもとに、最初の論文原稿を書いていきます。言葉を言い換えたり、要約したり、文献を直接引用したりして、テーマに沿って議論を展開していきましょう。

STEP 7. REVISE YOUR OUTLINE AND DRAFT アウトラインとドラフトを修正する。

内容に問題がないか、数値や事実などに間違いがないかチェックをします。

この記事がお役にたちましたら↓クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村