英語論文検索.com
英語で論文やエッセイなど英文を書かなければならない研究者、留学生などの方向けに役立つ情報を紹介しています
英語論文検索サイトの使い方ー人名検索
英語論文検索サイトを使ってみたいと思います。

下のリンクをクリックして英語論文検索サイトQuestiaのサイトに行きます。
なお、今年の12月31日まではプロモーション期間で20%の割引になっています。
Save 20% on any Questia subscription

クリックすると登録画面がでてきますが、左上にあるバナーをクリックします。

誰で検索するかなのですが、ここではバーナンキFRB議長で検索してみましょう。

経済に関心のない方でも、アメリカの中央銀行にあたるFRB議長であるバーナンキ氏は一度はテレビなどでご覧になったことはあるのではないでしょうか?ハゲ頭とひげが印象的な人です。

今はFRB議長ですが、もともとは著名な経済学者です。特に日本の大不況の研究家としても有名な人です。

バーナンキ議長の名前は、英語にするとBen Bernankeですので、これを検索窓に入力します。

すると次のような画面が最上部に登場し、一覧が論文やバーナンキ氏に関連した雑誌記事や新聞記事の一覧がずらずらとでてきます。バーナンキ氏の場合、合計で5620もの記事がでてきますが、FRB議長という職責から論文よりも新聞や雑誌の記事でよく取り上げられるのか、大半が新聞や雑誌の記事です。

questia bernanke

バーナンキ氏の学者としての業績を調べるためには、検索の仕方に工夫をしてあげなくてはなりません。

その方法は、検索窓のoptionを利用する方法です。"Bernanke"と入力して、横にあるoptionをクリックし、Authorにチェックを入れて検索します。
questia search

検索結果が次の画面です。先ほどは5000以上あった結果が28に減っていますね。著者名をバーナンキ氏にしぼったため、純粋にバーナンキ氏の業績を確認することができます。

questia bernake2

この記事がお役にたちましたら↓クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Entries
Comments
Comments
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://eigoronbunkensaku.blog.fc2.com/tb.php/5-5f712631
この記事にトラックバックする(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks